月別:2017年10月

ハリウッドのセクハラ事件で思い出した私が過去に犯したとんでもない下劣セクハラ取材

あれは、閃きだったんです。 何の迷いもありませんでした。 全ての犯罪者がそう言うように、 「悪いことをしている自覚は無かった」んです………。     私を実話ナックルズに引き抜いてくれた中園編集長が、「ちょっといいか」と会社の近所の焼き鳥屋へ誘いました。あれは東北で震災が起こるち […]

若者に説教するオジサンはオジサン界隈でも嫌われていますよ

私は祖父にとても影響を受けています   15年ほど前に糖尿病が原因で他界しましたが、今でも時々見えない爺ちゃんと夜中に会話することがあります。とにかく強くて、優しくて、男前な人でした。 盆や正月に人が集まると聞けば、水中銃を持って歩いて1分の海へ出かけ畳1枚分くらいのヒラメを採ってきたり、 […]

北九州連続監禁殺人事件記事、全文掲載について

    本日、「北九州連続監禁殺人事件」の犯人である松永太と緒方純子との間に生まれた息子のドキュメンタリーが『ザ・ノンフィクション』で放送されました。私は都内にいないため今現在はまだ観ていません。……いや、正確に言うと、あんまし観たくねえなあ……が本音です。 この事件については、 […]

東名高速一家死傷事故を非難している人はこの事件の意味わかってんの?

あおり運転をして、高速道路の上で妨害行為をし、その上、相手を殺すまでに至るという恐るべき事件が起きてしまいました。 SNSでは犯人の顔写真が挙げられ、罵倒され、たぶんコイツは出所してきたとしても最悪の人生を送ることとなるでしょう。 だけど問題は、後ろからぶつかってしまったトラックの運転手が一番重い罪 […]

日本に遊郭があった時代をあなたはいつ頃か認識していますか?

アンチ安倍晋三のおばさんとセックスをしたあと、私とライターの鈴木さんは、朝まで合計12軒の飲み屋をハシゴ取材しました。前編でも書きましたように、こういう地道なフィールドワークが取材には必ず必要です。 たまに調べずして「まあいいや、分かった」と言い、妄想でそのまま記事を書くライターがいます。事実、私は […]

なぜ私が昭和30年代の遊郭写真を大量に持っているのか

ファミリーマートで限定発売されている『昭和の謎99』という雑誌に記事を書きました。上にある表紙をクリックして頂けるとAmazonで買うことができます。みなさんに買って頂けたら私に1円位が入ってきます。生活費はレンタカーの洗車やおしぼり工場での搬送でまかなえているんですが、取材費が捻出できません。いざ […]

ラブホでハメ撮り中に刃物を持った男が乱入してきた時の私の対処法

2005年くらいがエロ本の最期だったような気がします。私が所属していたURECCOも、とうとう売れなくなり、編集部解体の危機となりました。   裸はネットでタダで見られます。 みんな自分のPCで思い思いの画像や動画見ますよね。 それによって一番最初にダメージを食らうのが“正統派グラビア雑誌 […]

エロ本編集者たちと性病の百年戦争

エロ本編集者は24時間パンツを脱げる人のことである。   昔の偉人たちはこういう風に言っていたんですね。どんな場所でもチ◯コを出せるか、射精できるか、To Be or Not To Be、それが問題なんですね。まあ、いわゆるこれはエロ本を作る上での「心意気」みたいなもんですよね。 で、そん […]

逆ナンされて付いて行ったら鼻がちぎれた話

現在、室田日出男みたいなビジュアルの私を見れば誰も信じないと思いますが、その昔20代でエロ本編集者だった頃は女子にまあまあ人気のあった雰囲気イケメンでした。勘違いしないで下さいね、イケメンではありませんよ。雰囲気イケメンです。 特に年上に人気がありました。50代以上からは「グレープの頃のさだまさしみ […]